So-net無料ブログ作成
検索選択

(5-2&6.7)ベルリン&帰国 [2016春ドイツ音楽祭の旅]

3/28(日)~続きです

♪~ワーグナー『Parsifalパルジファル』@シラー劇場  17:00~

Musikalische Leitung
Daniel Barenboim

Inszenierung
Dmitri Tcherniakov

Amfortas
Wolfgang Koch

Gurnemanz
Rene Pape

Parsifal
Andreas Schager

Klingsor
Tomas Tomasson

Kundry
Waltraud Meier

Titurel
Matthias Holle

STAATSKAPELLE BERLIN

STAATSOPERNCHOR

KONZERTCHOR DER STAATSOPER BERLIN?

 復活祭の時期にヨーロッパでは『パルジファル』があちこちで上演されますが、イースター時期に『パルジファル』を観たのは2003年のウィーンが初めて、あれから13年も経ちました。最近は東京の新国立で鑑賞。ワーグナーの楽劇の中でも「舞台神聖祭典劇」と呼ばれている宗教色の濃いオペラです。ですがワーグナーが最後に行き着いた救済をテーマにした深い音楽性には心打たれます。静まり返った場内に前奏曲が流れ、日常から切り離された感覚でこの劇の世界に入っていきます。第一幕は中世の教会が舞台ですが、グルマンツ(パーぺ)の低音が重々しくも快調に響き、さらに引き込まれました。背景は中世の教会(遺構)でも現代に置き換えられています。クンドリ(マイヤー)もトレンチコート、パルジファル(シャーガー)もヒッチハイク風にパーカーにバックパックの若者スタイルです。バレンボエムの指揮のワーグナーは3年前のロンドン以来ですが、あのとき『神々の黄昏』でフレッシュなジークフリード役をこなしたシャーガーはさらに進歩して、素晴らしいパルジファルです!あの細身の彼から発散されるエネルギーがパルジファル的清らかさと強さに結びついた様は私だけでなく、観客みんなを幸せな気持ちにしたに違いありません。アンフォルタスの苦悩も身に沁みるように歌われ、「同情」の心はすべての人にいきわたるような演奏です。第二幕のクリングゾールの魔法の城は花の娘たち(幼い娘たちも多い)の華やかな衣装が白い壁面の室内にまぶしいほど。誘惑の動機と娘たちの輪舞、クンドリの蠱惑的な動機と繰り出される劇的な場面です。終幕でパルジファルは槍を得、魔法の城は崩れます。第三幕は帰還から洗礼を受けるパルジファル、美しい旋律の聖金曜日の音楽の奏される中で、クンドリに洗礼を与えます。この場面は心まで洗われるようなオーボエの演奏です。ティトゥテルの葬祭の暗い行進曲とアルフォンタスの悲嘆と苦痛へ音楽は劇的に変わります。そして、ついにパルジファルが現れ傷をいやし、高らかに信仰への賛美で終わります。復習を兼ねていつもより解説風になってしまいましたが、CDを聴きながら大好きな『パルジファル』の素晴らしい舞台を思い出しています。

↓大喝采を受けたシャーガー

DSC_0126.JPG?

DSC_0130.JPG?

↓クンドリはこの公演が最後だったマイヤー。総裁のフリムさんから花の冠を贈られて感激の面持ち。たくさんたくさんの拍手を受けました。

DSC_0134.JPG

DSC_0135.JPG

 チェルニアコフTcherniaovのこの演出は好評で2015年に続き、2016年、来年2017年もフェストターゲに上演されます。クンドリはAnna larssonに代わりますが他はほぼ同じキャストです。すでにHPにプログラムがアップされています。

この公演が最後でしたが、シャーガーはこの後東京に飛んで、4/7と4/10の『ジークフリード』(春の音楽祭)に出演されたそうです。日本でも評判は上々で一挙にファンが増えたみたいです。

 2回の休憩をはさんで5時間近くかかりました。さすがに疲れて寄り道なしでホテルに戻り、お湯をいただいてカップラーメンの夜食。

↓シラー劇場

DSC_0076.JPG

3/29(火)

ベルリンTGL 12:45→パリCDG 14:30/20:30→

↓3泊したベルリンのホテル

IMG_0150.JPG

 早くも帰国の日になりました。物足りない想いは当然ありますが、なによりも留守中の夫の具合に変化がなく、比較的元気な声を電話で聴いて、一安心。朝はゆっくり起床、朝ごはんをいただいて10時過ぎにタクシーでテーゲル空港へ。エールフランスのゲートはずいぶん奥のプレハブみたいな粗末なターミナルにあります。自動チェックインのときパリからの帰国便の座席が予約した座席より若い数字のような気がしたのですが・・・。チェックインカウンターは座るところも少なく、復活祭の休暇明けで混雑しています。こんなところでテロでもあったらと思わずキョロキョロ。目つきも悪くなります。当初の予定ではパリの待ち時間の間にサンリスを訪問するつもりでしたが、CDGに着いたら、お土産も買わなきゃと思ったりして億劫になりました。マカロンやチョコ、紅茶などのショッピングの後はi padでゲームをしたり遊んで過ごしました。

 さて、搭乗の時間になり席を探しましたら、ベルリンでもらった番号の席はプレミアエコノミーになっています。FAさんのお話では今日はエコノミーが満席なので、アップグレードにしてくれたそう…ラッキー!席は昔のビジネスに近く、座席の背を倒さなくてもするすると前に伸びるので、ある程度は楽になり、疲れもあって良く眠れました。食事もエコノミーにプラスアルファーもあり、おやつの袋もいただけました。今回JALに支払った料金は札幌発着(ベルリン→パリ間も含めて)126040円でしたから、JALは高いけれど得した気分になって、現金なものです。

3/30(水)

→東京HND 15:25/17:30→札幌CTS 19:00

 羽田乗り換えも初めてでした。時間的にも短縮され、スムーズに札幌の自宅に戻りました。短い旅でしたからブログもサクサク進むはずでしたが、5月末からの夫の入院などで落ち着かず、大層遅れてしまいました。7月中旬の夏のエクサンプロヴァンスもキャンセルし、意気消沈していましたが、なんとか気をとりなおしました。夫も40日間の入院からおかげさまで、家に戻れました。これからは家族の時間を大事に、断捨離もしつつのんびり暮らしてまいります。みなさまもどうぞお元気で~(^^♪

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 2

yk

blogがなかなかアップされないあ、とおもっていましたら、ご主人様入院されていらしたのですね。アリーチェ様もご心労、病院通いなどお疲れでしたでしょう。
御主人さま、おうちではもう普通に生活できていらっしゃるのでしょうか?
北海道はこちらより夏はしのぎやすいと思いますが、どうかお疲れがでませんように  
by yk (2016-08-05 21:00) 

alice

ykさま ありがとうございます。主人は家の中では普通に動いていますが、まだあまり歩けないので(息切れがひどく)、病院や外出はタクシーです。車は偶然だったのですが、運転も危なくなったので入院前日に手放しました。輸血や皮膚科など通院の付き添いついでに走り回って買い物したり、バタバタと暮らしております。暇を見ては古い旅のブログをアップしたり、憂さ晴らししていますが・・・。
こちらも昨日は33度にもなり、今年一番暑い日になりました。道産子一家には辛い一日(笑)でした。
by alice (2016-08-08 09:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0