So-net無料ブログ作成
検索選択

(5-2&6.7)チューリヒ(ベルン)&帰国 [2017冬の旅(パリとチューリッヒ)]

~続きです。

 博物館で2時間余り見学した後は旧市街に戻りベルン大聖堂 へ。

↓橋から大聖堂の眺め

DSC_0786.JPG

↓カジノから右折 

DSC_0789.JPG 

☆ベルン大聖堂(1421年建立) 高さ100メートルのゴシックの塔が聳える威容を誇っています

DSC_0791.JPG 

↓堂内で観たかったのは「死の舞踏」のステンドグラスです。色彩豊かなステンドグラスに描かれたTOTTENTANZ。テーマは暗いものの死と隣り合わせの人生模様は哀しくもあり、滑稽でもあり、そして美しい調べ・・・楽器を持つ骸骨(死の使者)たち。サンサーンスの「ダンスマカーブル」を聴きながら https://www.youtube.com/watch?v=YyknBTm_YyM

DSC_0793.JPG

DSC_0794.JPG

 遅くなった昼食は時計塔の近くで。ハーフサイズの牛肉とポロネギたっぷりのRosri Vaudois という郷土料理と小さめランチビール。熱々で美味しかったです。

IMG_0583.JPG 

ベルン15:32→チューリヒ16:28

 ホテルに戻ると廊下にミカンが山盛り置かれていました。果物を買う暇もなかったのでグッドサービス!早速ビタミンCの補給後、着替えて今夕のコンサートへ。

♪~Rossini    18:00開演
3. Philharmonisches Konzert / 2. La Scintilla-Konzert


Riccardo Minasi, Dirigent
Franco Fagioli, Countertenor
Orchestra La Scintilla


GIOACHINO ROSSINI
Arien und Instrumentalstücke aus den Opern «Elisabetta, Regina d‘Inghilterra», «Demetrio e Polibio», «Le siège de Corinthe», «Semiramide», «Matilde di Shabran» und «Eduardo e Cristina»

チケットOK 95CHF 

 ファッジョーリは現在最も活躍するカウンターテナーのひとりですが、2014.6のザルツブルクでのコンサートで初めて生の演奏を聴いて以来2回目です。オペラでの演技力も定評があり、昨秋パリのオペラシーズン開幕の『エリオガバロ 』も大層評判になりました。チケットは手配していたのですが、事情があり遠征できませんでしたので、今回はリベンジです。ファッジョーリのロッシーニはザルツブルクでも経験していましたが、前回は正直、それほどの感銘は受けなかったのですが(モーツアルトのほうが好みでした)、昨年発売されたCDを聞いているうちに、むらむらと(笑)この日のチケットをゲット。5泊7日の旅程にも収まりラッキーでした。席は2階の中央左手の前列。予想通り、小ぶりのチューリッヒ歌劇場でのロッシーニのアリアは格別でした。プログラムは『イギリスの女王エリザベッタ』の前奏曲から始まり『湖上の女』『タンクレディ』『セミラーミデ』の珠玉のアリアの数々。ロッシーニの華やかな旋律と技巧を見事に表現できるファジョーリ。そのパフォーマンスとともにロッシーニのズボン役を担おうとするチャレンジ精神にも感銘を受けました。最後は観客全員のスタンディングオーベーションの大喝采!!私の記憶ではこれほど熱烈なファン群はあまり見かけたことがありません…もちろん私も立ち上がり拍手。そのせいか写真を失敗(言い訳かな)

DSC_0801.JPG 

 熱いファンにも謙虚に応え、アンコールも声が枯れるほどサービスしてくれました。最後に劇場から?指揮者のMinasiとともに花束の贈呈があったのですが、如才なく女性団員たちに配る指揮者のそばでウロウロするファッジョーリがかわゆい~笑。↓ファジョーリのHPからですが、写真を拝借。

Rossini_Fagioli_Venice_05.jpg

実はこの日は私の74歳の誕生日でした。一人ぼっちのバースディなので、帰途ホテル近くのブッフェレストランtibitsでテイクアウト(量り売り)。仕切りのある容器に野菜主体のチョイスで、13CHF(1500円くらい)。物価高のスイスでは味もまあまあで人気店です。

DSC_0803.JPG 

1/30 (月)チューリッヒ15:20→パリCDG16:40/19:00→

↓ 昨日の朝は簡単なほうの朝食メニューで済ませたのですが、今日が今回の旅の最後ですから奮発して豪華版。

IMG_0587.JPG 

 チェックアウトの正午まで部屋で過ごし、タクシーで空港へ。空港で軽くランチをとり、パリ経由で帰国しました。飛行機は空手の世界選手権大会の帰りという選手さんたちも搭乗して満席でした。

1/31(火)→羽田14:55/16:30→札幌18:05 

↓ 札幌駅の地下で札幌ラーメンを食べてから帰宅。

IMG_0588.JPG 

↓ 1週間の留守のお詫びに 買ってきた定番お土産のKUSUMIの紅茶にラデュレのマカロンのおやつ。

IMG_0589.JPG

 長年使用のヘアードライヤーがついに壊れてしまって、初日から使えなくなったり、パリのメトロのドアにぶつかったりのアクシデントはありましたが 、なんとか大過なく旅も終わりました。短い旅だからと気が緩んでいるのでしょうか、なかなかブログに手が付かないままに2か月も過ぎて、次回の遠征も近づきつつあります。春休みでやってきた孫たちとの楽しい日々も始まりました。孫たちの成長の早さに自分の老いを重ねて、移ろいゆく時間がいとおしく・・・改めて一日一日を大事に過ごしたいと思うようになりました。(終)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 8

はるる

思い出します!!。そして、ひょっとしたら、aliceさまとファジョーリ談に華を咲かせ祝杯(ハッピーバースデイ)あげていたかもしれないのにと思ってしまいます。ファジョーリ、オペラでの演技含めての舞台も素敵なのですが、しっかり彼の歌唱だけに浸れるリサイタル、コンサートも捨てがたくて、諦めかけてたけど行ってしまいました。贔屓目かもしれませんが彼またも進化してると思ったのでした。出待ちもしてサインもらいました!メデも観たかったです。1月は魅力の公演いっぱいあって悩みました。チューリッヒ、近郊、相変わらず弾丸でゆっくり回れてないのですが、いつかまたaliceさまのブログ参考にしながら回れたらなと思います。
by はるる (2017-03-30 13:56) 

alice

はるるさま、1月はやはり出かけられるときに行ってきて良かったです。パリはやや期待外れでしたが、チューリッヒは花まるでした。
コメントが途中で切れてしまうので、また後程・・・
by alice (2017-03-31 23:08) 

alice

春休みで遊びに来ていた孫たちも「帰りたくない~!」と言いながら今朝帰って行きました。淋しさとともに怒涛の12日間から解放されて
by alice (2017-04-01 12:42) 

alice

何故かコメントが途中で切れてしまいます。so-netの不具合?
by alice (2017-04-01 12:44) 

alice

バーデン・バーデンのイースター音楽祭の旅を長女の病気で直前キャンセル。医者の家族面談要というので大層心配しましたが、来週検査入院も決まりました。老夫婦の病気はある程度予測できますが・・・。中年になった娘も病にかかる率が高くなるという現実に直面。今日は雨から雪がちらほら…春も足踏みです。
by alice (2017-04-12 13:04) 

yk

そろそろ次の旅日記読ませていただけるのでは?と連日blog拝見しておりましたら、驚きました。
お嬢様がご病気とは。家族の面談要、なんてきっと頭の中が真っ白になられたのではないでしょうか。
お気持ちお察しいたします。
あとになって「こんなことで旅行をキャンセルさせて~」とおっしゃれるような状態であることを心からお祈りしております。
by yk (2017-04-13 10:48) 

alice

ykさま、ご心配おかけして申し訳ございません。今朝になってようやく精密検査の結果が出て、良性とのことで安堵しました。ポリープはかなり珍しい形状と場所だったとかで、ベテランの先生でさえ癌の疑い濃厚と思っていたそうです。これからも治療と検査は続くようですが、本人はいたって食欲もあり元気なので乗り越えられるでしょう。昨年の私の膵臓がん騒ぎに続き、今回ですから・・・疲れました。
by alice (2017-04-26 13:59) 

yk

まあ、本当に良かったこと!ご心配されたことでしょうね。親なら年齢的にも覚悟はできますが、子供となると無理。きっと生きた心地のしない日々を過ごされたことでしょう。
お早いご快癒心からお祈りいたしております。
 
by yk (2017-04-26 18:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: