So-net無料ブログ作成

(1)札幌~ロンドン [2018春イングランドロマネスクとオペラの旅]


 ヨーロッパは春といってもその年によりさまざまな気候になります。旅前の予報では10度から20度程度、雨の日も多いとのことでした。それにまだ5月です。衣服は春物中心にそろえて旅支度しました。前半ロマネスク巡り、後半ザルツブルクの聖霊降臨祭の音楽祭がメインです。


旅程は5/11~5/23の11泊13日

札幌~ロンドン(5)~パリ(3)~ザルツブルク(3)~札幌


MAP/ロンドン&イングランド南西部



5/11(金) 千歳8:00→羽田9:35/11:20→ロンドン(H)15:50

Fielding Hotel 2泊


 前回のANA便(エコノミー)が窮屈な感じでしたので、今回はJAL便にしました。特典航空券のハードルが上がったうえに予約も遅れたので諦めて、いつものようにJALのHPから格安航空券(ロンドンに入りパリから出発)を手配しました。パリとザルツブルグ間は直行便がないので、ルフトハンザで別口予約したのですが、これが帰国のトラブルになろうとは夢にも思いませんでしたが。。。


↓機内食(昨年のくまもんに続いての特別メニュー)

img253.jpg


 フライトは順調でしたが、ようやくたどり着いたヒースロー空港では入国審査に長い列で1時間以上は並びました。飛行機で前の席に座った3か月の赤ちゃんを抱っこした若いママも、優先レーンがなく本当にお気の毒でした。EUレーンはがら空きなのに・・・その上イミグレに引っかかって時間がかかっていました。私の方が後方だったのですが、スーツケースをピックアップしてもまだ姿が見えず。。。赤ちゃん連れでも移民扱いなのでしょうか?思いやりに欠ける対応に入国早々「イギリスはやはり人種差別する国なんだ」という気持ちになり寒々・・・。


 さて、長いフライトの疲れの上に荷物もあり、タクシーでホテルまで。ロンドンは金曜日の夜ということもあって中心街に入ると、ノロノロ運転で降車の時メーターを見て、目の玉が飛び出ました。何度かヒースロー空港を往復していますが、いつも50£くらいでしたのに、この時は85£!

よろよろと車が入らない道をホテルへ。事前にエレベーターがないホテルと知り、直接メールして1階(GF)にしてもらっていました。


↓ホテル(右)の通り

IMG_1162.JPG


部屋はとても狭くシャワーのみ、朝食はありません。おまけにWi-fiが故障?したとかで繋がらず。それでも1泊120£!このホテルの最大の利点は立地条件が良いことでしょう。ロイヤル・オペラハウスや地下鉄のコヴェントガーデン駅に極近く便利でした。


旅装を解いてひと休みして、夕食のため外出。金曜日の夜なのでどこも満席に近い状態でした。ベトナム料理の店がガラス越しにカウンターが1席空いていたので入店。サービスの娘さんが疲れてよれよれの私にとても優しくしてくれました。嬉しかったです。


↓サイゴンビールとベビー烏賊のから揚げ、牛肉団子入りフォー。


IMG_1163.JPG


ロンドン5泊のうち連泊が取れなかったので、目的に合わせて宿替えしました。初めの2泊はこのフィールディングホテル。この後の3泊はヴィクトリア駅近くに宿泊します。

5年ぶりのロンドンです。さて明日は何処へ行きましょう~(^^♪



タグ:ロンドン
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 2

横浜の老夫婦

alice様
春のロンドン、パリ、ザルツブルク・・・きっといい旅をされたことと思います。5月のロンドン、リージェンツパークのバラも咲き始めベストシーズンですね。最初にお泊りになったFielding HotelはROHの目の前のホテルですね。近くて便利!ROHでは何をご覧になりました?これからのリポート、老夫婦で期待しています。
by 横浜の老夫婦 (2018-06-09 08:21) 

alice

横浜の老夫婦さま こんにちは~!
前回の寒い時期とは違って、気候も良く(北海道からなので暑いくらい)イギリスの田舎も美しく・・・でも帰途のフライトキャンセルにあい、どどっと疲れが出てしまいました。ようやく調子が戻り、ブログに手を付けたところです。札幌は爽やかな初夏の季節を迎えています。しばらく遠征は休みになるでしょう。
by alice (2018-06-09 16:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。